再開の遅れによる影響

ナイトクラブなどの営業再開の延期により、嬢達の予定もかなり影響を受けたみたいですね。
数日前もマレーの処にヘルプ要請が。

全くお金が無いとマレーへの泣きついて来ています。

これだけクローズが長いと生活も出来ないでしょうね。
可哀想ですね。


現在は1月16日からの再開予定ですが、ここに来て再度早期再開に向けて検討を開始したらしい。

パタヤのあるチョンブリ県は現在もレストランなどの店内飲酒が禁止されてます。
当然ながらバーなども営業出来ません。

バンコクでは店内飲酒が出来るので、バーでも食事を提供出来る店は営業しています。

バンコクとパタヤ、大きな差ですよね。


コロナで色々な規制が長期間に渡り出されていたせいで、規制が解除されても元には戻るまで時間がかかりそうですね。

駐在員もWFHにより外食が減り、解除された今も以前のレベルには戻ってません。
妻帯者は外食し辛いみたいですね。

この状態が続くと、遊びたいが遊び方を忘れてしまいそうです。

この記事へのコメント