リアブドゥアン ナイトマーケット

会社を出た直後にKからメッセージが来ました。

『今からマレーのとこに向かうね。渋滞すると思うから。』

続いて

『タクシー乗ったよ。』

自分の用事だと行動の早いKです。


マレーの方は渋滞も大した事なく40分くらいで帰宅出来ました。

コンドのロビーに着いたマレーはK

『コンドに戻ったよ。Kは今どの辺?』とメッセージを送りました。


Kからすぐに

『もう直ぐ近くだよ。』


『分かった。じゃあロビーでこのまま待っているよ。』


OK じゃあ待っててね。』


マレーはタバコを吸いながら待ちます。

Kの『直ぐ近くだよ。』に騙されました。


それから約20分待たされてKが到着。


袋にタッパーらしき物を持っています。

何か作ってくれるんでしょう。


Kと部屋へ戻ります。


部屋に入ってマレーは私服に着替えようと服を脱ぎます。

食事の前に少しだけ運動をしますか。

Kを抱き上げてベッドルームへ。


食前の運動を終えてベッドにいるとK

『閉まると嫌だから早く行こう。』とマレーを急かしてきました。


『えっ?まだ20時半過ぎだろ。飯は?』


『だって遅くなっちゃったから先に行こうよ。渋滞してるから急がないと。』


ナイトマーケットは23時までやっているのに

マレーの晩飯はナイトマーケットから戻るまでお預けみたいです。


せっかく食前の運動までしてお腹空かせたのに……

余計にお腹が空いてしまった。涙


まぁ仕方ないな。


リアブドゥアンへ向かう事にします。

スクンビット通りへ出てタクシーを捕まえて乗り込みました。


確かに渋滞しているみたいです。

タクシーはアソーク通りを北上しようとしていましたが、やはり渋滞です。


確かにアソークの渋滞にハマったら1時間半以上かかるな。(下手したら2時間以上かも)

Kが焦っていたのも分からない事もないか。


しかしタクシーの運転手は凄かった。

アソーク通りに入ったのに突然Uターン。

そしてプラカノンまでスクンビットを走ってから北上するルートへ変更して飛ばしていきました。

何故か20分で到着。

かっ飛んでくれました。


FE592FDA-6C59-4325-8636-F4AC20E9756E.jpeg


乱暴な運転が大嫌いなKですが、今日は早い割に運転はスムーズだったので、早く着いてご機嫌です。

買物の時間は十分ありますね。


この記事へのコメント